アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
その選択は必然
ブログ紹介
タカラトミーから発売中のTCG(トレーディングカードゲーム)のWixossのプレイ、考察ブログです。
そのうち初心者講座なんかもやっていくつもりです。

Twitter:@monsoon_wixoss
zoom RSS

栃木県AOW交流会&体験会開催のお知らせ

2015/03/20 21:32
art of warTCGの交流会&体験会開催のお知らせ。


■art of war TCGとは?


ボードゲームに近い2人対戦戦略型カードゲームです。
5種類のカードとキングを使い、対戦相手と合戦を行います。



今回発売されたばかりのart of warの交流会 兼 体験会を開催したいと思います。


開催場所:栃木県宇都宮市 市民プラザ5階 会議室
駐車場は有料駐車場を利用するか、宇都宮市役所に無料で止めることが出来ます。
電車を利用の方は連絡を下されば12時ごろに案内することも可能です。
日程:5月2日(土) 午後1時〜午後5時
内容:
●体験会●
Art of Warに興味はあるものの、まだ購入していない。興味はあるけどルールが分からなくて不安という方の為の、ルール説明会や、ティーチングや実際にプレイしてもらうための体験会です。
貸し出しデッキも用意しておきますので、自分のデッキを持っていない方でも実物を持ってプレイすることが出来ます。

●交流会●
さまざまな方との交流を目的に、プチ大会や、フリーマッチングなどを行います。
対戦相手が居なくて困っている人や、気軽に遊びたい方でも交流を深めてAOWの環を広めましょう!



参加方法:
monsoon-wixoss★kg7.so-net.ne.jp(★は@に変えてください)
下のテンプレートを利用してこちらに参加メールを送ってください。
参加費用は無料です。

氏名:
ハンドルネーム:
デッキ持参の有無:
会場までの交通手段:
緊急連絡先:


沢山の方のご参加をお待ちしております!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大会レポ Wixossパーティ 

2015/01/04 22:08
本日1月5日の宇都宮イエローサブマリンフェスタ店。
プラス、ソフトプラザyu-kiフェスタ店のWixossパーティーに参加して来ました。





デッキ名: 植物軸セイリュベイア【優勝済み】
作成者: 季風
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《緑子》
1×《一ノ娘 緑姫》
1×《二ノ娘 緑姫》
1×《三型雌々娘 緑姫 》
1×《四型緑姫》
【アーツ】
1×《大器晩成【ビッグバン】》
1×《再三再四》
1×《付和雷同》
1×《全身全霊》
1×《アイドル・ディフェンス》
メインデッキ
【シグニ】
4×《羅植 ローザリ》
1×《羅植 マリゴールド》
3×《羅植 カーノ》
2×《羅植 マンドレ》
4×《幻獣 ベイア》
2×《サーバント O2》
【スペル】
4×《THREE OUT》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
4×《幻獣 セイリュ》
4×《羅植姫 ゴーシュ・アグネス》
4×《サーバント O》
2×《サーバント D》
2×《サーバント T》
【スペル】
4×《修復》





大変久しぶりでございます。
4段環境では、2度優勝したものの、その後全くといって良いほど優勝せず2位や3位を繰り返していました。
勝てないピルルクを使ってみたり、≪ゴーシュアグネス≫主体の植物軸を延々と回したりと、勝つためのデッキ選択ではなく、自分の回したいデッキを使い続けた結果がこれでした……。


今回は、優勝プロモが≪再三再四≫ということもあり、元々使っていた≪ゴーシュアグネス≫主体の植物軸デッキを火力特化型に改良したものを使用して大会に参加してきました。



まずは、12時スタートのイエローサブマリンフェスタ店
参加人数16人 スイスドロー 制限時間30分
1回戦:紅蓮繭 ○ 先攻
紅蓮を使い切ってから繭になるタイプだったようですが、修復でライフを回復し続けることで繭になろうにもなれなかった様子。
≪モダンバウンダリー≫も投入されていなかったようで、≪アグネス≫≪ベイア≫≪セイリュ≫でちまちまと点数とエナを稼いで押し切る。


2回戦:紅蓮繭 ○
1回戦目の相手と同じ感じ?
やはり≪モダンバウンダリー≫が入っていないようで、こちらは回復が追いつかずに残りライフ3枚のときに繭になられてエクストラターンされる。
直前にスペルを使っていたので≪アイドルディフェンス≫を軽めに使い、リフレッシュから≪修復≫を連打してそのまま勝利。



3回戦:紅蓮繭 △ 後攻
≪ゲイヴォルグ≫で盤面をトラッシュにおいてジワジワダメージを与えてから繭で止めを刺すデッキ。
こちらの引きが防御により、盤面の植物から≪ゴーシュアグネス≫の効果でエナを増やして≪修復≫を連打する状況になる。
ダメージソースを引かなかったために、そのままグダグダになってしまい、ライフクロス8枚や9枚になってそのまま引き分け。
後数秒あれば≪大器晩成≫で〆て勝利でしたが、引き分けです。



4回戦:黒点タマ ○ 後攻
いつも黒で非常に強いデッキを作ってくる知り合いの方。
黒点タマもかなり使いこなしていて正直辛い戦いでした。
しかし、そこはやはりタマで、盤面をあける手段がなかなか無いために、≪修復≫の回復でどうにか凌ぎきれる。
≪セイリュ≫≪ベイア≫で盤面を開けてそのまま終了。
少しプレイミスがありましたが、どうにか勝つことが出来ました。



ここで終了。
ポイントは3回戦に戦った方と同じになりじゃんけんして勝利。
1めきめき。









次。

ソフトプラザyu-kiフェスタ店
参加人数8人 スイスドロー 制限時間30分


1回戦:花代伍 ○ 後攻
初心者?なれてはいるものの、大会の経験はなさそうな女性の方。
≪マクリ≫や≪リン≫など手札を犠牲にするパワーカードでガンガン殴られる。
ただ、Lv1Lv2ルリグが効果もちだったため、開いている部分に攻撃を通していき、そのまま相手が5になる前に≪セイリュ≫≪ベイア≫して止め。




2回戦:アルテマイオナ ○ 後攻
繭の動きではなく、毒牙軸のイオナの動きだったので、ひたすらに回復をして、相手の攻撃を凌いで≪大器晩成≫から一気に止めを刺して終わり。
イオナ効果の強制攻撃は、盤面に植物を並べて≪ゴーシュ≫の効果でエナチャージにするか、回復が過剰だったのであけたままにするなどして調整しました。


決勝戦:黒点タマ(太陽) ○ 後攻
≪マチュピ≫などの古代兵器を使って盤面を開けてビートダウンしてくるタイプの黒点タマ。
序盤にかなりひやひやさせられましたが、終盤はしっかりと≪修復≫で回復することを意識して回す。
相手の黒の調子が悪かったのか、黒点にグロウすることが出来なかったようで、そのまま≪セイリュ≫≪ベイア≫で少しずつダメージを通していく。
結局≪ノーゲイン≫を打たれて≪大器晩成≫対策をされるものの、≪大器晩成≫でエナを空っぽにして、≪セイリュ≫≪ベイア≫から盤面を開けてそのまま勝利。

優勝しました。




2めきめき
知り合いからクリスタルシールも回収することが出来たので、次はピルルクやリメンバを使っていっても良いかもしれません!
それも楽しみです!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


大会レポ イエローサブマリン 宇都宮店 wixossパーティ優勝

2014/11/02 23:46
調整のつもりだったのだが…。
大会レポとなっております。

イエローサブマリン宇都宮店
画像



デッキ名: 紅蓮タマ【優勝済み】
作成者: 季風
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《新月の巫女 タマヨリヒメ》
1×《三日月の巫女 タマヨリヒメ》
1×《流星の巫女 タマヨリヒメ》
1×《十六夜の巫女 タマヨリヒメ》
1×《紅蓮の巫女 タマヨリヒメ》
【アーツ】
1×《バロック・ディフェンス》
1×《ホワイト・ホープ》
1×《ファフニール》
1×《オーバーサルベージ》
1×《炎志貫徹》
メインデッキ
【シグニ】
4×《小弓 ボーニャ》
2×《聖技の護り手 ラビエル》
4×《忘得ぬ幻想 ヴァルキリー》
2×《祝福の女神 アテナ》
2×《大天使の未来 ガブリエ》
2×《爆砲 ランチャン》
2×《サーバント O2》
【スペル】
2×《ゲット・インデックス》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
4×《宝具 ミカガミ》
2×《原槍 エナジェ》
4×《先駆の大天使 アークゲイン》
3×《サーバント D》
3×《サーバント T》
【スペル】
2×《アーク・オーラ》
2×《ノー・ゲイン》






12時スタート。
お店はマジックやローカルゲーム、TRPGなどさまざまなジャンルの品揃えがしっかりしているお店。チェーン店だからということもありますが、比較的シングル価格も低めに設定されています。
MTGの大会も定期的に開いているようなので、注目のお店です。


1回戦:暁タマ  ○
1ターン目場に何も出さない。≪アヤボン≫が見えるなど、2止めファフオーラだと勝手に思い込んでプレイしてしまう痛恨のミス。
結局4になるまでにこちらのライフが相手のライフよりも2枚少ないという状況になってしまう。
≪アークオーラ≫は手札に残しておいたのと、相手にアークゲインとアークオーラらしきカードが見えないことを見て、最終的に天使を並べる。
後は≪ノーゲイン≫≪アークオーラ≫≪貫徹≫で一気に止めをさして終了。



2回戦:イオナ  ○
3段環境まではタマを使っていた知り合いの人。
5にグロウされるととたんに厳しくなってしまうので、ライフを2枚になるように調整することを最初に決めてプレイ。
この紅蓮タマデッキを使って日が浅いため、〆に行くまでに何度もプレイミスをしてしまうものの、≪ラビエル≫の効果を使ってゲインを出して≪貫徹≫≪アークオーラ≫。とどめをさして終了。
エナをガンガン使ってくる人だったので≪ノーゲイン≫を打たなくてもよくなったところと、≪貫徹≫を見ていなかったのか12000を並べてくれたおかげで勝ちきれました。



決勝戦:3止め緑子  ○   身内
圧倒的身内。
緑子にはほとんど勝ち筋が無いので、無理をしてでも攻撃をしていく。
3の時点で殴ってもらったエナを利用して≪ノーゲイン≫≪アークオーラ≫でけりをつけて終わり。
ただ、プレイングにミスが多く、≪ラビエル≫を3回使えたところを2回しか使わなかったり、≪オーバーサルベージ≫で≪ランチャン≫を手札に加えようとするなど明らかにおかしい行動が目立ちました。



これで優勝です。
しかし、すべての試合で≪アークオーラ≫を使ってぎりぎりの勝利をしているところを見ると、紅蓮タマはそこまで強く無いのかもしれません。
正直、太陽タマで≪エナジェ≫無双をしている安定感に比べると安定度に大きな差が有ると感じました。
使ってて安心できないデッキはもう少し調整する部分があると思うので、もう少し改良を重ねようと思いました。

結局その後の連戦の別大会では1回戦負けをしてしまったのでやはり安定しないことは確かでした。








現在季風と対戦しようキャンペーンの企画を計画中です。
対戦してくれた方には何かプレゼントをしようと考えているので、続報にご期待ください!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ファフオーラに絶対勝つデッキ完成

2014/10/27 21:44
最初に断言します。
2止め3止めのファフオーラデッキにはほぼ100%の確立で勝つことが出来ます。




デッキ名: 電機主軸Ω【ファフオーラ勝率9割】
作成者: 季風
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《コード・ピルルク》
1×《コード・ピルルク・K》
1×《コード ピルルク・Β》
1×《コード ピルルク・Ω》
1×《星占の巫女 リメンバ・ドウン》
【アーツ】
1×《ドント・ムーブ》
1×《ロック・ユー》
2×《アンシエント・サプライズ》
1×《サルベージ》
メインデッキ
【シグニ】
3×《コードアート R・F・R》
2×《コードアート A・D・B》
4×《コードアート A・S・M》
4×《サーバント D2》
4×《サーバント T2》
1×《コードアンチ ヘンジ》
1×《コードアンチ アステカ》
【スペル】
1×《BAD CONDITION》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
4×《コードアート G・R・B》
2×《コードアート K・E・Y》
4×《コードアート M・G・T》
2×《コードハート V・A・C》
4×《コードアート A・C・G》
1×《サーバント D》
2×《サーバント T》
【スペル】
1×《ICE BREAK》





あまりにも安定してファフオーラを倒せてしまったため(ライフが3枚以上あまることが多かった)、若干対イオナ、対ウリスへの調整をしてあります。

【ファフオーラに絶対勝つプレイングに際して守るべき点】
1、手札入れ替え時点でサーバントを1枚は確保すること

2、通常のルリグアタックに対してはサーバントを使わないこと

3、手札にサーバントが3枚以上確保してから攻撃を開始すること(4枚あれば確実)

4、サーバントが足りていない状態でオーラを撃たれたら≪ロックユー≫でタイミングを1ターン遅らせる



後は普通にΩのプレイングをしていれば、ファフニールをつかった2止め、3止めタマのアークオーラデッキにはほぼ確実に勝利することが出来ます。


デッキレシピを公開しましたが、実際は普通のΩデッキのサーバントをすべてDTQにすれば安定して勝てるのでは無いでしょうか?
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


大会レポ ソフトプラザ遊基本店 wixossパーティー優勝

2014/10/17 18:31
10月16日開催のWixossパーティーに参加してきました。


デッキ名: 電機主軸Ω【アンサプ型改定】優勝済み
作成者: 季風
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《ピルルク》
1×《コード・ピルルク・K》
1×《コード ピルルク・Β》
1×《コード ピルルク・Ω》
1×《星占の巫女 リメンバ・ドウン》
【アーツ】
1×《ドント・ムーブ》
1×《ロック・ユー》
2×《アンシエント・サプライズ》
1×《サルベージ》
メインデッキ
【シグニ】
4×《コードアート R・F・R》
2×《コードアート C・V・Y》
2×《コードアート A・D・B》
1×《幻水 アライアル》
4×《コードアート A・S・M》
2×《サーバント O2》
1×《コードアンチ クリスカル》
2×《コードアンチ アステカ》
【スペル】
1×《THREE OUT》
1×《列情の割裂》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
4×《コードアート G・R・B》
1×《コードアート K・E・Y》
4×《コードアート M・G・T》
3×《コードハート V・A・C》
4×《サーバント O》
2×《サーバント T》
2×《サーバント Q》







大会参加者9名
スイスドロー 制限時間30分

1回戦:満月タマ  ○
最近遊戯王から参入してきたプレイヤーの方。前回、前々回と参加しているので今後の活動に期待しています。
とはいいつつも、スターターを改造したまだ初心者。
序盤は開いている部分を適当に殴りつつ、≪満月タマ≫なのでバウンスも来ないので、パワーにものを言わせて≪ロックユー≫で〆て勝ち。


2回戦:3止め緑子 ○ 身内
\実家のような安定感/
気が抜けてプレイングがグダグダになる。
序盤にランサーを決められるとダメージレースで勝つことが出来ないので、≪アンシエントサプライズ≫を使って守りに行く。
4になってからは手札を削りつつ、入っているであろう≪大器晩成≫を絶対打たせないように手札を減らしつつ殴らない。
そのままじりじりとエナを置かれたら参ったけど、エナ回収でエナを減らしたので、少しずつダメージを与えていく。

相手の弾切れで場が2面開いたところで、アタックフェイズに≪ロックユー≫でトラッシュを1枚増やしてちょうど20枚の≪アンシエントサプライズ≫で一体どかしてそのまま攻撃。
運よく修復もバーストに無くそのまま勝利。



決勝戦:混合太陽タマ ○
≪エナジェ≫を過労死させていくスタイルの太陽タマ。
相手の≪ミカガミ≫を≪KEY≫と≪リメンバドゥン≫が凍結させて相手の手札補充を防ぐ。
こちらの手札がうまく補充できなかったものの、何とか場にカードを並べることと、バニラLv4で倒されないように工夫することでダメージを受けないようにプレイングを行う。返しのアタックも封じて相手のエナジェ起動をさせなかったのも良いプレイングだったのでは無いかと思いました。
じりじりと相手の手札を枯らせた後は、≪ロックユー≫≪アンシエントサプライズ≫で盤面を開けて殴りかかって終了。

正直見ていると≪ローメイル≫が非常に腐っていたのと、バーストしてもそこまで強い印象を感じなかったので、自分は別カードに入れ替えてもいいかなと思いました。
後でタマデッキも入れ替えようと思います。


さて、何はともあれこれで優勝!
一度ロックユーを2枚入れて大会に出たときは1回戦負けして散々な目にあいましたが、無事優勝できてよかったです。
使用した感覚としては、≪Key≫が非常に強く、2〜3枚入れても良いんじゃないかという印象を持ちました。
あとはスペルをすべて抜いて≪VAC≫ごと抜いてしまうのもありかも知れないなという印象。
手札破壊の効果しか使わない印象が強くついてしまいました。だったらスターターのほう入れたほうが強い……
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大会レポ 宇都宮カードラボフェスタ店 Wixossパーティー優勝

2014/10/07 00:00
6日に宇都宮カードラボ フェスタ店でのWixossパーティに参加して来ました。

ここでは参加費が200円取られる代わりに、3位までが高額の値引き券がもらえます。
しかし、ここではいつも1回戦でスターターに負けたり、初心者に負けてしまったりと、なぜか相性が悪いお店でした。



デッキ名: 天使主軸タマアンサプ型【優勝済み】
作成者: 季風
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《新月の巫女 タマヨリヒメ》
1×《三日月の巫女 タマヨリヒメ》
1×《流星の巫女 タマヨリヒメ》
1×《月蝕の巫女 タマヨリヒメ》
1×《太陽の巫女 タマヨリヒメ》
【アーツ】
1×《バロック・ディフェンス》
1×《サルベージ》
1×《再三再四》
2×《アンシエント・サプライズ》
メインデッキ
【シグニ】
4×《小弓 ボーニャ》
2×《宝具 マガタマ》
4×《忘得ぬ幻想 ヴァルキリー》
3×《犠牲の微笑 キュアエル》
1×《祝福の女神 アテナ》
3×《サーバント O2》
【スペル】
3×《ゲット・インデックス》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
4×《宝具 ミカガミ》
2×《未来の福音 アークホールド》
2×《原槍 エナジェ》
2×《甲冑 ローメイル》
4×《先駆の大天使 アークゲイン》
4×《サーバント O》
2×《サーバント T》







参加人数16名
1回戦:オサキランサー型緑 ○
このお店では良く見る緑を使っている人。プレイングがそこまで練られていないのか、≪打突≫を回収して使えば≪大器晩成≫も打てて、≪アークゲイン≫を突破して勝てる盤面で両方使ってこない。
結局そのままダラダラしてくれたので、アークゲインを出して盤面を開けて止め。
≪エナジェ≫の起動効果は2回ほど使用しました。



2回戦:大器晩成花代爾改 ○
別カードゲームから入ってきた人?
1ターン目に緑をエナチャージしたので、全く殴らず、相手のグロウを1ターン遅らせる。
天使を全く引かないので、≪ミカガミ≫≪ゲットインデックス≫を利用して≪エナジェ≫でひたすら起動効果を連発する。
相手が≪大器晩成≫を打ってくることを考え、自分のエナを出来るだけ現状の打破に使用する。
≪エナジェ≫起動効果から、≪アンシェントサプライズ≫で相手のエナの管理を妨害しつつ、ダメージを与える。
終盤はデッキの中に大量に残っている≪アークゲイン≫たちを並べて勝利。




3回戦:金木犀タマ ○
身内のペーパーさんとは別タイプの天使山盛り≪ベイア≫型の金木犀。
こちらは≪エナジェ≫起動効果連打して殴り続ける作業。
相手はエナが使えなくなってジリ貧。ベイア効果もほとんど使えないまま、ライフクロス5枚で勝利。
序盤からサーバントをエナに置いたりするのが目立ったので、その点でも後半の有利になるなーとか少し考えてました。


決勝戦:カーノ花代爾改 ○
基本的な動きは2回戦目と同じ。ただし、除去が非常に多く、下手に除去できるカードを並べると除去されてしまい、ダメージを通されてしまう。
終盤はビックバンのことも考えて、≪ゲイン≫をフルに使いまわして打たれても死なない状況をキープする。
後は耐えつつ、盤面を開けて殴って勝利。



優勝と1500円分の値引き券で≪全身全霊≫を手に入れて帰宅しました!
≪ホワイトホープ≫を忘れてきてこのアーツだったのですが、意外と回せるものだということが分かりました。
≪アンシェントサプライズ≫も防御アーツというよりも、ほとんどが盤面をあけるための攻撃用アーツとして利用していた点が少し他と違うプレイングだったと思います。
ただし、対赤が苦しくなることが多いため、あまり安定しないのが痛い部分です。
それでも現環境では≪アークゲイン≫を並べておけばどうにかなってしまうので、それでも十分すぎてしまうのが……。




実は、最近ブログを書いていないのは、優勝プロモが変わるまではやる気がほとんど出ない状態で、最近はガチというよりも、次環境用の調整に時間をかけているからなのです。
発売するまでは分かりませんが、大きく環境が動くようなので、先読みすることは大切ですからねー。特にWixossは…。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


優勝者が必ずしも○○とは限らない

2014/09/15 16:27
少し人とは違った観点から、Wixossについて考えていたことをまとめたいと思います。
優勝することが偉い、強いとは言えないのです。



実は私は、大会に参加しても優勝しなければ大会レポートをブログ記事としてあげていません
理由としては非常に単純でして、その日の大会に優勝していないということはその大会中に何らかのプレイミス、ないしはデッキの内容に調整ミスがあるということが分かってきます。
つまり、それをブログ記事としてアップしたとしても、それは完成されていないデッキや、プレイングのまとめとなってしまい参考にはならないものとなってしまうのです。
(全く参考にならないわけではありませんが、そこは割愛させていただきます。)


そして、実は優勝してもそのプレイングやデッキレシピが参考になるかというと、それもまた違うのです。
前にも記事の内容として書いたかもしれませんが、Wixossはその周辺の環境によって大きく想定対戦デッキが変わってきます。
全国を平均してみた大きな単位でのデッキ内容と、地方を平均してみた小さな単位でのデッキ内容には極端に差がある場合があります。
北のほうで太陽タマが流行っているのに、南のほうではバニラ緑子が流行っているということも想定できます。
そのため、このデッキを使えばほぼ優勝できるということにはなりません。
また、時の運や、対戦相手のプレイミスの回数。大会の規模もあり、小さな地方での優勝と激戦区での優勝には大きなレベルの差があることが分かります。





■優勝者が必ずしも強者とは限らない
ここで私が考えるのは、優勝者が必ずしも強者であるとは言えないということです。
また、更に言うと優勝者が必ずしも優勝できるデッキを作れるわけではなく、優勝者は必ずしも他人を優勝させるアドバイスが出来るわけではない。ということです。


これを深く考えたきっかけは、SMSでたまたま見た場所に「デッキ考察します。優勝経験○○回あり」という書き込みがあったことでした。
現状私と同じような優勝経験の数だったので、よくよく観察してみるとそれが最善とは言いがたいアドバイスも含まれているように思えました。


正しいアドバイスの方法についてはここに書き込んでしまうと更に長文となってしまうので、ここでは省略させてもらいますが、優勝している人の言うことを聞いていれば強くなれるということでは無いということです。また、優勝した人の真似をしていれば最強になれるということでもありません。



■強くなるにはどうすればよいのか
これは非常に単純なことです。
「優勝者の真似、発言を鵜呑みにしても強くなれない」ならば、自分で考えればよいのです。
強い人の真似をする。発言を聞く。そして次にそれを自分でよく考えてみてください。
どうしてこれは強いのか?どうしてこれはうまいのか?これが最善だったのだろうか?他に良い方法は無いか?似たようなことが出来る動きは無いか?


実は考えることというのは非常に重要なことです。
妄信的に信じきってしまうということは思考停止であり、それ以上先に進むことは出来ません。
強い人にあこがれる気持ちは決して悪い考えではありませんし、少しでも近づきたいという気持ちは非常によく分かります。
ですが、強者にも弱点があり、悪い部分もあります。
そこまで真似して弱点を増やしたり、悪い部分もコピーしてしまわないように、自分自身の意見で考えるという術を見につけて欲しいかなと思います。




■強者の悪い部分
強者の悪い部分は意外と自分では気付かないものです。
「シャカパチ」と呼ばれる手札の執拗な入れ替え行為。
大会中のマナーの悪さ。
利益追求のための初心者へのシャーク行為など、周りから見ると目に余るような行為でも自分では気付かないことがあります。

一つのコンテンツというのは、新しい人が入って発展します。
しかし、古い人が胡坐をかいて「にわかプレイヤー」と新規プレイヤーを排除してしまうと、そのコンテンツ自体が衰退していってしまいます。
現状、Wixossは品切れや、現環境のデッキ構築ゲーの敷居の高さによって新規プレイヤーの参入が難しくなっています。
今一度、自分のプレイマナーや新規の補充なども考えていきたいところですね。






どうすれば新規の方も楽しんで遊んでもらえるのか、今私はそこを考えているのですがなかなか難しいところでとまっています。
何かいい考えは無いものか……。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

その選択は必然/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる